乳房形成後に浮腫が後退するとき

胸部手術後の最初の時間

乳房増強手術の最後に患者は彼女の病棟に移され、そこで麻酔からの最終的な撤退のプロセスは診療所の医療スタッフによって監督される。患者の要請により、近親者または近親者が病棟にいる可能性があります。目を覚ました後、胸に衰弱、めまい、しびれ、痛みがある可能性があります。これらの感覚は正常であり、数時間続く。医師が処方した薬剤を用いて疼痛症状を医学的に除去する。

手術直後にドレスをしなければならない患者が事前に購入する特別な圧縮下着。時計は次の4〜5週間で着用する必要があります。ランジェリーは浮腫の発生を許さず、正しい姿勢で乳房をサポートし、将来美しい形を提供します。内部人工器官の変位を避けるために、ベッドから出ることはお勧めしません。

術後の期間における正しい行動は治療の最も成功した結果をもたらし、合併症を回避するのに役立つので、治療外科医のすべての処方の遵守が必要である。

2〜3日後、患者は病院から退院します。

乳房形成術後最初の数週間

増加する手術後の痛み胸は最大1週間持続することができますが、この期間が2〜3週間に及ぶ場合もあります。疼痛症候群を最小限にするために、外科医は鎮痛剤を処方する。

手術後、乳房は2回見えるこれは、所望の結果よりも、組織の浮腫によるものであり、数週間後には鎮静化する。また、乳房の感度が高まることもあります。

手術後約2週間シャワーを浴びることができます。あなたの胸に圧力をかけることはできませんし、それを洗面器でこすることもできません!

手術後の最初の数週間で乳房の増強は、特に肩のガードルの物理的な運動を避けるべきです。しかし、新鮮な空気中で静かに歩くことは非常に有用であり、増加する乳房形成術後の早期リハビリを促進する。スポーツ活動は、最小限のストレスの条件下で、手術後1.5ヶ月後に可能である。

さらに、乳房増強手術の後、アルコール消費は禁止されており、喫煙を控えることが推奨されています。

乳房増強後の縫合

乳房形成術を用いる場合曲げ可能な縫合材料。手術直後に、ステッチが腫れて赤くなる。時間が経つと腫れが治まる、傷跡は徐々に白くなってほとんど見えなくなる。患者の生理機能にもよるが、6〜12ヶ月かかる。

乳房形成術。リスクと合併症。

他の外科的介入と同様に、乳房増強のための手術は合併症を引き起こす可能性がある。これらの合併症は、例えば以下のような一般的な性質のものであり得る:

</ li>
  • 麻酔に対するアレルギー反応;
  • 術後感染;
  • 出血と傷;

    乳房形成術の具体的な合併症には、

  • 膀胱括約筋 - 周辺の教育瘢痕組織の高密度の瘢痕を埋め込むためには、これは乳房増強の最も重大なリスクの1つです。この場合、インプラントの抽出または交換が必要である。
  • podzhelezistomが内部人工器官である場合、乳房の二次的崩壊のリスクがある。状況を改善するには、2番目の操作が必要です。
  • 乳頭感受性の完全または部分的な喪失;
  • インプラント輪郭形成;
  • 移動中のインプラント変位;
  • インプラントシェルの破裂。

    したがって、乳房形成術が行われる診療所の選択には、責任を持ってアプローチする必要があります。