浮腫のためのアムロジピンの代替

圧力が高まる傾向がある人医学室では、すぐに感覚を覚える薬が常に必要です。優れた選択肢 - アムロジピンとその類似体。これは抗高血圧効果を有する最も有効な医薬品の一つです。アムロジピン錠の使用の効果は十分に速く来ますが、残念ながら、この薬はすべての症例に適しているわけではなく、すべての症例に適していません。

錠剤中の主な活性物質はアムロジピンである。それに加えて、調製物はいくつかの補助物質を含む:

  • ステアリン酸カルシウム;
  • ラクトース一水和物;
  • ジャガイモデンプン;
  • ポビドン。

体内に入ると、アムロジピンが影響を受けます筋肉の血管 - それらを緩和する。これは、末梢抵抗の低下、ひいては圧力の低下に寄与する。アムロジピンは類似体と共に、良好な鎮痙薬、血管拡張薬および抗狭心症薬としても証明されている。

この薬の主な利点の1つは、長期的な行動。すなわち、患者の健康状態における最初の肯定的な変化は、丸剤を服用した直後にわずか数分しか感じられない。しかし同時に、圧力の低下は徐々に起こり、神経系のショックではありません。糖尿病患者、痛風および気管支喘息患者にもアムロジピンを使用できるという穏やかな行動のおかげです。

薬物アムロジピンおよびその類似体の使用の適応症

以下の診断のための準備が示されています:

アムロジピンは脳卒中や心筋梗塞の予防にも役立ちます。

アムロジピンをどのようなものに置き換えるかを考えるには、そのような場合には必要です:

  1. この薬は、アムロジピンの成分に対するアレルギーおよび過敏症の人には禁忌である。
  2. 妊娠中および授乳中に本製品を使用することは推奨されません。
  3. アムロジピンを置き換えるものは、腫れやその他の副作用があります。
  4. アムロジピンによる治療を拒否するのは、狭心症や心原性ショックの不安定な形態です。

アムロジピンをどのように置き換えることができますか?

現代の薬理学は十分に発展しているので、ジェネリック医薬品は今日ほとんどすべての薬で入手可能です。アムロジピンも例外ではなかった。

アムロジピンの最も有名な類縁体はリシノプリルであり、ペリンドプリル。これらの準備はほぼ同じです。しかし、それらを互いに置き換える代わりに、専門医は併用療法のために薬物を使用することを提案する。一緒に、薬はより速く作用し、効果はより広範囲です。これらの薬物とその作用機序の組み合わせは、心臓の合併症を予防し、副作用の発生を予防し、血圧を監視する有効性を高めることができる。

もちろん、アムロジピンに代わる薬の他のバージョンがあります。ツールの最も有名な代替品は次のとおりです。

事実上、これらの薬剤はすべて薬局を無料で販売しています。最も適切なツールを見つけるには、専門家の助けを借りてのみ可能です。 1人の患者を助ける薬物は、他の患者にとって役に立たず、その逆もあります。