治療よりも傷害による浮腫

顔の浮腫は、ほとんどの場合、健康に深刻な危険を示すものではない不快な症状です。

しばしば、誰もがこの条件を経験した。体の中に体液が過剰に存在すること、ホルモンの背景に違反すること、または外傷のために起こることがあります。したがって、浮腫を取り除く方法は、何が呼び出されたかによって異なります。次に、この症状の最も一般的な原因を検討し、顔が腫れた場合の処置を教えます。

挫傷後に顔から腫れを取り除く方法は?

組織損傷の場合、第1の反応は、損傷の領域で腫れ。これは、損傷した組織には流体(リンパ液、組織液、血液)の流出があるため、損傷後の最初の数時間では腫脹が小さくなります。

顔から腫れを取り除くには、以下のことが必要です。

  1. まず、ダメージの場所に冷たいものを付けてください。最良の選択肢は、冷凍庫に1分間置かれた氷または金属物です。
  2. その後、冷却圧縮後、傷害の部位Troxevasinで治療する必要があります。この薬剤は、静注および抗浮腫効果を有する。これは腫れを取り除くだけでなく、打撃の結果の発現を減らすのにも役立ちます - 打撲傷。

Lyotonゲルはまた、腫れを和らげるのに役立ちますが、腫れを軽減するのではなく、むくみを予防する助けとなります。

処理のために設計された別のゲル挫傷後の皮膚 - Dolobienゲル。 Lyotonのゲルと同様に、この治療法は挫傷を予防し、抗炎症効果も持ちます。

どのように顔からアレルギー性浮腫を削除するには?

顔のアレルギー性浮腫は、クインケの腫れで起こる可能性があります。これは危険な症状です。プロセスが咽頭に影響を与える可能性があり、この場合には窒息の可能性があります。

緊急注射をする必要があります抗ヒスタミン剤 - suprastin。が持続腫れた場合は、必要に応じて専門家の支援 - いくつかのケースでは、グルココルチコステロイド(例えば、プレドニゾン)とのスポイトを示しています。

あなたはまた、より多くのなだめのかゆみや腫れている抗アレルギー軟膏は排除しない使用することができます - ftorokort、flutsinar。

顔の永続的な腫れは、吸着剤(Lifferan、Enterosgelya)の助けを借りて腸の浄化を示す。

Diprospanは医療監督下でのみ使用され、重大な重大なケースで示されます。

手術後の顔の腫れを取り除く方法は?

手術後、腫脹は非常に長く続くことがあり、時間カウントは数日でなく数ヶ月で測定することができる。

再生プロセスを加速するために、生物学的手順を実施することが示されている。

また、この場合の浮腫の除去のために、自然療法群に属する調製マラビットが示される。これは、圧縮の形で1日に数回外部で使用されます。

身体の余分な体液で顔の腫れを治療する方法は?

過度の液体摂取により腫脹が生じた場合または塩辛い食べ物を飲む場合は、この場合は利尿剤のみをとることをおすすめします - Diacarb。常に利尿薬を使用することはできません。心臓の崩壊につながる可能性があるためです。

浮腫の原因が不明な場合は、中性のホメオパシー薬であるLymphomyosotを服用する方が良いでしょう。それはリンパの流出を改善し、これは浮腫の除去に寄与し得る。

どのくらい素早く顔から腫れを取り除くのですか?

顔の腫れをすばやく取り除く、原因がアレルギーではなく挫傷でない場合は、利尿剤を使用することができます。これは問題を取り除く最も簡単で簡単な方法です。

甲状腺機能低下症の顔の腫れを取り除く方法は?

甲状腺機能低下症が主要な症状の1つである場合顔のふわふわさです。これを排除するには、ホルモンバランスを正常化する必要があります。ホルモンバランスと代謝が回復するまで、上記の手段のいずれもが甲状腺機能低下症の問題を解決する助けにはなりません。