出産後の脚の腫れを和らげる方法

出産後の腫れを取り除く方法

出産後の腫れ、何をするのか、どのように治療するのかなぜ彼らは生まれますか?多くの妊婦が腫れている。ほとんどの場合、これは、姿勢の女性の血液循環の変化、脚の重い負荷、ホルモンの背景に関連するノルムの変種です。しかし、出産後に腫れが起こらないのはなぜですか?理解しましょう。

ほとんどの場合、この質問は出産した人によってのみ尋ねられます女性。彼らは、子供の誕生後数時間でふくらみが消えるべきだと考えています。しかし、しばしばそうではないことが分かります。余分な体液は、数日から数週間まで、しばらく組織を離れる。ホルモンの背景が整然としているはずです。すべての楽しい時間です。

しかし、それはまた、手、足の腫れの原因出産後は腎臓や内分泌系の病理です。このような場合には、朝に腫れが発生し、顔に見える。ふかふかになり、目の下の袋が現れる。産後の浮腫の標準的な予防は役に立たない。

腎臓は、その状態が必然的に病院で降伏する血液と尿の分析によって判断すると、それは何度も起こる。必要に応じて、治療は直ちに実施されます。しかし、内分泌学の病理学は、病院から退院した後、既に対応する専門医の医師に依頼しなければならない。

時には妊娠中に浮腫が現れる静脈瘤のために。そしてその問題は子供の誕生後も残っています。静脈瘤の初期段階は圧迫によって助けられる。薬は実際には効果がありません。重度の状況では、手術が行われます - 患部の静脈を取り除くか、硬化療法を行います。第1手術は外傷性であり、第2手術は外科医の特別な技能を必要とする。

問題が生理学の中だけであれば、出産後の脚の腫れから通常の方法ができます。塩をたくさん食べないでください。ところで、多くの飲酒、これが母乳の生産に役立ちます。移動してみてください。座って長時間立ってはいけません。快適な靴を履く。妊娠の最後の週には腫れ、他の時間には脚を上げて寝る(枕に置く)、足の練習をする。

との間にあるかどうかは、後に浮腫を除去する方法利尿剤の誕生?それらの必要はありません。特に母乳を与えられた赤ちゃんに影響を与えるという事実を考慮してください。一般的に、看護婦は、極端な必要性を伴わずに公式または伝統的な薬を飲むことは望ましくありません。